アメリカオハイオ州の8人惨殺事件の真相とは?

一家で死刑?

被害者家族との関係はどんなものだったのか?

 

sponsored link

アメリカオハイオ州の8人惨殺事件概要

2016年に米オハイオ州で一家8人が処刑スタイルで射殺された事件で、捜査当局は別の一家4人を逮捕した。

4人は死刑に問われる可能性があるという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

補足:

被害者は、処刑スタイルで殺害されていた。

何度も撃たれ、暴行の跡とみられるあざがあった者もいた。

弁護士曰く、「今まで見てきた中で最も奇妙な事件」。

 

 

sponsored link

アメリカオハイオ州の8人惨殺事件の真相とは?一家で死刑?

一見すると何が起きたのかわからないこの事件。

アメリカでの報道内容をまとめました。

 

 

まずは逮捕された、ワグナー一家。

 

父親:ジョージ”ビリー”・ワグナー三世(47)、

母親:アンジェラ・ワグナー(48)、

長男:ジョージ・ワグナー四世(27)、

次男:エドワード”ジェイク”ワグナー(26)

 

 

被害者のローデン一家。

 

父親:クリストファー・ローデン・Sr(40)

母親:ダナ・ローデン(37) ※クリストファーの前妻との報道あり

息子:クラレンス”フランキー”・ローデン(20)

娘:ハンナ・ローデン(19)

クリストファー・ローデンJr (16)

長男の婚約者:ハンナ・ギレイ(20)

父の兄:ケニス・ローデン(44)

父のいとこ:ゲイリー・ローデン(38)

 

 

sponsored link

アメリカオハイオ州の8人惨殺事件の真相。被害者のローデン一家との関係とは

ワグナー家の父とローデン家の母の子供の親権を巡っての事件、と報道されており、

ビリー・ワグナーと、ダナ・ローデンの子供か?と思われましたが、違いました。

 

 

申し立てによると、ジェイクが20歳の頃に、ローデン家の娘、ハンナ・ローデンが15歳時にセックスし、2人の間に娘が生まれました。

この娘、ソフィアの親権問題が事件の発端のようです。

 

ソフィアの写真。

また、ワグナー家の次男、エドワードは、性的暴行で検挙されたことがある、と報道されていましたが、

これはハンナに対してもそうだったのかどうかは不明です。

 

 

ソフィアは事件の夜、ワグナー家にいました。

今は保護されているようです。

 

 

ワグナー家の、アンジェラの母、リタ・ニューコンブとビリーの母、フレデリカ・ワグナーも、ソフィアの親権に関する文書を詐称したため、逮捕されています。

 

 

弁護士らは、「どれだけ時間がかかっても、被害者のために事件を解決する」と話していました。

 

 

そんなにもソフィアの親権をとりたかったのか?

闇が深い事件です。