フィギュアスケート選手のトゥルシンバエワ。

さいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケート世界選手権では3位を取るなど、注目の存在です。

そんなトゥルシンバエワ選手って日本人に似てませんか?

ルーツや生い立ちを探ってみました。

 

sponsored link

トゥルシンバエワのルーツや生い立ち

画像:https://www.instagram.com/p/BiD-EW6ntYF/

 

名前:エリザヴェート・バイタコヴナ・トゥルシンバエワ

2000年2月14日生まれ

国籍:カザフスタン

身長:148cm

 

 

トゥルシンバエワはロシアのモスクワで生まれました。

 

 

彼女の両親はカザフスタン人です。

2歳上の兄もフィギュアをしており、カザフスタンの国内大会で優勝しています。

兄に倣って、トゥルシンバエワ選手は5歳からスケートを始めました。

 

 

また、トゥルシンバエワ選手はモスクワの音楽学校に通い、プロのバイオリニストでもあるんです。

また、ピアノも弾けるとのこと。

スケートと音楽の才能を持っているなんて、すごいですね。

 

 

現在はスケートのために、母親と一緒にカナダのトレントやオンタリオに住んでいます。

 

sponsored link

トゥルシンバエワって日本人に似てない?

ロシアのザキトワ選手やメドベージェワ選手に比べると、薄い顔のトゥルシンバエワ選手。

どことなく日本人に似ていますよね。

 

カザフスタン人は日本人に似ている人が多いので、親近感を感じます。

 

 

インスタにはご両親との写真もありました。

 

 

トゥルシンバエワ選手はお母さん似ですね。