医師を目指してNHKを退職した島津有理子(しまづゆりこ)アナウンサー。

どこの医大に進学するのでしょうか?

また、医師を目指したきっかけとは?

 

sponsored link

島津有理子(しまづゆりこ)アナの経歴

画像引用:https://www.nhk.or.jp/meicho/yuriko.html

 

本名:高井有理子(旧姓:島津)
1974年1月21日生まれ(44歳)
新潟県生まれ埼玉県さいたま市出身

 

NHKの島津有理子(しまづゆりこ)アナは、1997年にNHKに入局。

「おはよう日本」「ゆく年くる年」「100分de名著」などの番組で活躍していました。

 

sponsored link

島津有理子(しまづゆりこ)アナが医師を目指したきっかけ

2018年でNHKに入って、21年目だった島津有理子アナウンサー。

2018年9月に医師を目指すために、NHKを退職したことを、

自身が出演していた「100分de名著」のブログ内で発表しました。

 

私事で恐縮ですが、NHKを退職いたしました。

20年間勤めてきた組織を離れ、医師を目指して大学で勉強することにいたしました。
今回の決断の背中を押してくれたのは、実はこの番組です。5月にお伝えした「生きがいについて」を読んでいるうちに、自分の内面と向き合い、幼い頃からの思いを叶えるべきではないかと思うようになりました。
決断はしたものの、不安要素も多く、どこまでできるかまったく見通しがたっていません。また、この番組を離れるのも非常に辛いことでした。できることならばずっと続けたいと思っていた番組でしたから。このコラムで書いてきたように、毎回のスタッフとの打ち合わせ、そして伊集院さんと指南役の先生との収録は、世界の見方が変わるほどの衝撃、知的刺激を与えてくれました。この興奮を視聴者の皆さんにもぜひ体験してほしいと、心から思える番組でした。そんな出会いに恵まれたことに、今は深く感謝しています。
これまで番組をご覧いただき、このコラムまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。これからも、「100分de名著」で、多くの人の心を震わせた名著に触れることで、皆さんの心や人生を豊かにしていただければ幸いです。

引用:https://www.nhk.or.jp/meicho/yuriko.html

 

 

幼い頃から医師になりたかったんですね。

 

 

また、この決断に至ったきっかけは番組内で出会った本だったとのこと。

その本は、神谷美恵子さんの「生きがいについて」です。

 

 

神谷美恵子さんは日本の精神科医です。

(1914年1月12日生まれ1979年10月22日没)

 

 

 

<「生きがいについて」概要>

「いったい私たちの毎日の生活を生きるかいあるように感じさせているものは
何であろうか。ひとたび生きがいをうしなったら、どんなふうにして
また新しい生きがいを見いだすのだろうか」

神谷美恵子はつねに苦しむひと、悲しむひとのそばにあろうとした。
本書は、ひとが生きていくことへの深いいとおしみと、たゆみない思索に支えられた、
まさに生きた思想の結晶である。
1966年の初版以来、多くのひとを慰め力づけてきた永遠の名著に執筆当時の日記を付して贈る。

引用:amazon

 

 

「100分de名著」バージョンもあります。

こちらは入門編。

 

島津有理子アナウンサーを大きな決断へ導いた著書ということで、ぜひ読んでみたい作品です。

 

更に、幼い頃に親しんだ女医さんに憧れていた、という話も。

 

「幼い頃は体が弱く頻繁に病院に通う子でした。

家の傍のクリニックにいらした女性の先生に憧れ、ずっと私の中で医師への思いが捨てきれずにあったんです」

引用:週刊新潮

 

また、退職前に有働由美子アナウンサーにメールで相談したところ、

「新しい事を始めるのはいい事だから」

 

と言ってくれて勇気づけられたということでした。

有働さんも今年NHKを退職し、他局の番組で活躍されています。

2018年は2人にとって新たな門出の年になったんですね。

 

sponsored link

島津有理子(しまづゆりこ)アナの医学部や医大は?

島津有理子さんは、この10月からすでに大学に入学し、勉強を始めているそうです。

 

「アナウンサーの仕事が嫌いになったわけではないので寂しさはあります。でも10月からは大学に入学し、勉強を始めています。さすがに医学部との両立は無理なので退職を決めました」

引用:週刊新潮

 

島津有理子さんは東京大学経済学部卒業ですが、入学時は理科II類で、元々は理系の勉強をしていたそうです。

 

すでに大学に入学しているということで驚きました。NHK退職前からきっちり計画していたのでしょうね。

どこの大学に通っているのか?は公表されていませんが、島津さんなら自分に合う良い大学を見つけていそうです。

 

 

最近話題の東京医科大学ではなさそうですね。