仙谷由人(せんごくよしと)の死因は?

仙谷由人さんが2018年10月11日に死去されたと報道されました。

 

sponsored link

仙谷由人(せんごくよしと)の経歴

名前:仙谷由人(せんごくよしと)
1946年1月15日-2018年10月11日没
徳島県徳島市出身
学歴: 徳島県立城南高等学校卒業
東京大学法学部中退

 

東京大学在学中に司法試験合格し、弁護士登録。

1990年2月18日の第39回衆議院議員総選挙に、旧徳島県全県区から立候補し当選。政界入りを果たす。

そのあと、民主党に移り、政調会長を2回務める。

2009年、鳩山内閣で行政刷新相として初入閣。

 

 

菅内閣では官房長官を務めた。

その際、沖縄県の尖閣諸島沖の漁船衝突事件での対応にあたったが、参議院で問責決議が可決されて、内閣改造に伴って退任した。

 

東日本大震災発生時は、官房副長官に起用され、被災者支援に尽力。

その後、党の政策調査会長代行に就任して、東京電力の経営改革などに取り組んだ。

2012年の衆院選で落選、2014年に政界を引退した。

 

sponsored link

仙谷由人(せんごくよしと)の死因は?

仙谷由人さんの死因は肺がんです。

 

 

自身のがんの経験から、がん対策にも熱心に取り組んでいたそうですが、この度亡くなられました。

享年72歳でした。