遂に発表された新元号。

「令和」の由来と意味は?

異例の歌集からの引用でした。新時代にふさわしい選び方です。

 

sponsored link

令和の由来は?異例の歌集からの引用!

 

「令和」は万葉集の梅の花の歌、32種の序文にある文章から引用されました。

 

この文章です。

時に初春の月、気淑く風ぐ。

梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。

 

 

梅の花を想像させる、素敵な文章ですね。

 

 

元号を万葉集から引用するということはこれまでなかったのです。

 

しかし、今回起用されたということで、これは新時代にふさわしい選び方だといわれています。

 

 

安倍首相が語るには、

 

幅広い階層の人が詠んだ歌が収録されていること

当時の人々の暮らしや息遣いが感じられること

四季折々の日本の国柄が現れていること

 

が由来で、選ばれたそうです。

 

sponsored link

令和の意味とは?異例の歌集からの引用!

安倍首相が会見にて令和の意味を語っていました。

 

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」

 

 

響きも綺麗ですし、とても素晴らしい元号だと思います。

 

予想の中で、「令和」を当てた人はいなかったようです。

また、日本企業の中でも「令和」という名前の企業はないそうです。

 

 

その辺もしっかり調査されたのでしょうね。