眞子さまの結婚延期の理由とは?

53歳の誕生日に際する記者会見で、父の秋篠宮さまが苦言を呈しました。

 

sponsored link

眞子さまの結婚延期の経過

2017年の9月、秋篠宮眞子様は、婚約者の小室圭さんとともに記者会見を開きました。

 

眞子様

「小室さんと共に温かく居心地が良く

笑顔あふれる家庭を作ることができればうれしく思います」

 

小室さん

「宮様は私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます」

 

会見ではこのように述べられていました。

そして、当初の予定では2018年11月4日に結婚式を予定していたのですが、延期となり今に至ります。

延期の理由として、宮内庁は今年の2月、

「十分な準備を行う時間的余裕がない」

 

と発表し、結婚を2020年まで延期する、としました。

 

更に小室圭さんは、今年からアメリカに留学してしまいました。

 

なぜ秋篠宮眞子様の結婚は延期されてしまったのでしょうか?

 

sponsored link

眞子さまの結婚延期の理由とは?

表向きには、宮内庁が「時間的余裕がない」と発表していましたが、去年記者会見してから約1年の期間があったわけなので、時間がなかったとは考えにくいです。

 

 

やはり、一番の問題としては、小室圭さんの母の「400万円借金トラブル」が挙げられるでしょう。

 

 

小室圭さんの父はすでに他界しており、母の佳代さんと2人暮らしです。

その佳代さんが交際相手の男性から400万円を借りて返していない状態だというのです。

 

 

小室圭さんの母の元婚約者の男性は、交際していた佳代さんに400万円を貸していました。

が、小室さんの母は「贈与として受け取ったもので貸し付けではない」としています。

 

 

交際していたからこそ、小室圭さんと佳代さんを思って学費などを援助していたのに、

別れたからといって、贈与だ、というのはいかがなものか?と、

世論としても小室圭さんに向かい風が吹いている状態です。

 

sponsored link

眞子さまの父、秋篠宮さまが苦言を呈す

小室家の借金トラブルについては、週刊誌で様々な報道が出ています。

小室圭さんの学生時代のチャラい写真も多く出回っています。

 

報道では、秋篠宮様が「このままでは正式な納采の儀は行えない」と小室圭さん母に伝えたとされていましたが、本人の口からそのような言葉が出てはいませんでした。

 

 

しかし、53歳の誕生日に記者会見をし、眞子様の婚約についても言及されたのです。

 

「今でもその2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば

やはりそれ相応の対応をするべきだと思います」

 

「やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況

そういう状況にならなければ

私たちは婚約にあたる納采の儀を行うことはできません」

 

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181130-00000062-jnn-soci

 

 

週刊誌の報道についても承知されているそうです。

 

ここまで言うということは、異例のことではないでしょうか。

眞子様の結婚したい気持ちと、両親の心配する気持ちが対立して、膠着状態なのかもしれません。

 

 

紀子様は、「長女の体調がすぐれないことが多く」とも述べられていました。

 

 

2人のためにも借金問題を早くどうにかすべきだと思われます。