黒崎愛海(くろさきなるみ)さんの事件はその後どうなったのでしょうか?

フランス警察が捜査打ち切りしたと発表しました。

 

sponsored link

黒崎愛海(くろさきなるみ)さんの事件概要

画像引用:https://www.sankei.com/world/photos/170104/wor1701040026-p3.html

 

この事件は、フランス・ブザンソンに留学中だった黒崎愛海さんがおととし12月から行方不明となっているもので、元交際相手でチリ人のニコラス・セペダ容疑者が殺人容疑で国際指名手配されています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181108-00000070-jnn-int

 

sponsored link

黒崎愛海(くろさきなるみ)さんの事件経過

フランス東部ブザンソンの大学に留学していた、当時筑波大学生の黒崎愛海(くろさきなるみ)さん(当時21歳)。

大学の寮にいたのを最後に行方が分からなくなっていました。

 

2016年12月の行方不明になる直前には、同じ寮に住む生徒が不審な物音を聞いていました。

 

「どんどんと何かをたたくような音がして目が覚めた。その後、女性が必死で叫ぶような甲高い絶叫が1、2分続いた」と共同通信の取材に証言した。

 

検察当局者は3日の記者会見で、叫び声が聞こえたとの証言があり、それ以降「(黒崎さんの)消息が確認できていない」と述べた。

黒崎さんが最後に確認されたのは現地時間の昨年12月4日午後10~11時。同じ階に住むフランス人女子学生アンヌロール・サイエさん(19)は翌日午前3時ごろ、就寝中に叫び声を聞いたと証言。他の学生も同様の証言をしている。

 

黒崎愛海さんの以前の交際相手、チリ人のニコラス・セペダ・コントレラス(Nicolas Zepeda Contreras)容疑者が黒崎愛海さんを殺害したと見られ、捜査されていました。

 

ニコラス容疑者は、危険な性格で、別れた後もしつこく黒崎さんに付きまとっていたとみられています。

ニコラス容疑者は、2人の交際に関してのビデオをyoutubeにアップロードしていたことが話題になっていました。

 

動画の内容は、

黒崎愛海さんは、ニコラスゼペタ容疑者の気に障る行動をした。

そのため、(2人の)交際関係を保つためにある条件に従っている。

その条件はお互いにとって無い方が良いのだが。

条件のいくつかは、(黒崎さんが)フランス滞在中に適用される。
別の条件は永遠に(適用される)

これから、彼女が2週間この条件を守れたら、この条件はなしにする。

彼女は信用を取り戻すために、代償を支払う必要がある。

 

 

わざわざyoutubeにアップロードしたり、「条件」をつけたり、異常行動が目立つので、サイコパスか?と言われていました。

 

 

事件をまとめたニュース動画はこちら。

 

 

sponsored link

黒崎愛海(くろさきなるみ)さんの事件。どうなった?フランス警察捜査打ち切り

フランスの捜査当局が、2018年10月末に女性の捜査を打ち切っていたことがわかりました。

黒崎さんの携帯電話の位置データに基づき、今年の春から捜査していましたが、新たな証拠は見つからなかった、ということでした。

「できることはすべてやり尽くした」とも発表。

 

 

チリ国籍のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者は、国際手配されています。

ニコラス容疑者の父は、チリの大手携帯電話会社「Movistar」幹部。

チリの中でも、富裕層に属するそうです。

 

今もチリで親に匿われて暮らしているのでしょうか。

 

 

今後は、チリの最高裁判所にセペダ容疑者の身柄引き渡しなどを要請するとしましたが、犯行を直接裏付ける証拠が乏しいなかで、チリ側が要請に応じる見通しは立っていません。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181108-00000070-jnn-int

 

 

このように報道されていましたが、いい加減なチリ警察との間で、どのように交渉が進んでいくのか?

今後の展開が気になる事件です。