小暮洋史(こぐれひろし)の生い立ちは?

現在も捕まっていない。目撃情報は?

 

sponsored link

小暮洋史(こぐれひろし)の事件概要

県警によると、小暮容疑者は1998年1月、女性の自宅に押し入り、同居していた電気工事業の父(当時48)と母(当時48)、祖母(当時85)の3人を殺害した疑いがある。小暮容疑者が女性に好意を寄せ、ストーカー行為を繰り返していたとされる。

2018年7月9日付の訴状によると、原告の女性は「肉親を被告の身勝手な犯行により殺害され、突如失望と悲嘆のどん底に突き落とされた」などと主張。自身への慰謝料に相続した損害賠償請求権の分なども加え、約1億370万円の支払いを求めている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000082-asahi-soci

 

 

sponsored link

小暮洋史(こぐれひろし)の事件の経過

1969年(昭和44)7月31日生まれの小暮洋史容疑者。(2018年には、49歳。)

 

群馬工業高校を卒業後、トラックの運転手として働いていた。

 

 

1996年、ドラッグストアで働く女性に一目ぼれをする。

思いが募ってか、ストーカー行為を働くようになる。

 

  • 車で彼女の後を追い回す
  • 女性の家の車のワイパーに手紙を挟む
  • 電話をかける
  • 多額の金品を貢ぐ

など。

 

あまりにしつこいため、女性は辟易し、父親に相談。

父親が小暮容疑者をどやしつけたこともあったという。

ストーカー行為は1年以上も続いた。

 

 

1998年1月4日、小暮洋史は何かを決意したかのように、社長に辞表を突きつけて、会社を辞めた。

 

1998年1月14日午後7時頃、事件発生。

小暮洋史は、石井さん宅に押し入り、好意を寄せていた相手の父である石井武夫さん、妻の千津子さん、祖母のトメさんの命を奪った。

そして、驚くことに小暮はそのあと石井さん宅にとどまっている。

夜21時頃に女性が帰宅。

 

女性は興奮した小暮洋史を落ち着かせるために、彼を一旦家の中に入れ、話をした。

しばらくして落ち着いた小暮容疑者は、車に乗り、立ち去って行った。

 

 

国道50号線を水戸市内方面に逃走していったという。

車は黒色の日産シルビア、H8年式。

 

 

その後、太田市や埼玉県熊谷市周辺でシルビアが確認されたが、その後の足取りは途絶えている。

 

sponsored link

小暮洋史(こぐれひろし)の生い立ちは?

小暮洋史容疑者の生い立ちについては、あまり明らかになっていないが、高校時代からの様子をまとめた。

小暮洋史は群馬県前橋市出身。

群馬工業高校に進学した。

高校時代は目立つ存在ではなかったという。

 

 

卒業後、運送会社でトラック運転手として働いていた。

仕事ぶりはまじめだが、いつも無表情で誰とも口を聞かない。

人付き合いが苦手なタイプだったそうだ。

後輩の面倒見も非常に悪い、とのこと。

 

 

このような情報から、女性慣れしていないタイプであったことが伺える。

 

小暮洋史(こぐれひろし)は現在も捕まっていない。目撃情報は?

小暮洋史(こぐれひろし)容疑者は、現在も所在不明である。

 

2018年、被害者の娘である女性は、小暮洋史容疑者に対し、損害賠償を求める訴えを起こした。

 

群馬県の旧群馬町(現高崎市)で20年前に両親と祖母を殺害された女性が、指名手配中の小暮洋史容疑者(49)に約1億370万円の損害賠償を求める訴えを前橋地裁高崎支部に起こしている。高崎支部によると、10月4日に第1回口頭弁論が開かれたが、被告側は出廷しなかったという。県警は11月、手配ポスターを刷新。容疑者に関する情報提供を求めている。

 

車も見つかっていないので、小暮は、正直死んでいるのか生きているのかもわからない状態である。

突然、ストーカーの男に両親と祖母の存在を奪われた女性の苦しみは想像を絶する。

訴状でも以下のように訴えている。

 

7月9日付の訴状によると、原告の女性は「肉親を被告の身勝手な犯行により殺害され、突如失望と悲嘆のどん底に突き落とされた」などと主張。自身への慰謝料に相続した損害賠償請求権の分なども加え、約1億370万円の支払いを求めている。

 

損害賠償は事件を風化させないためでもあるだろう。

小暮洋史は現在49歳になっている。

一体どこにいるのか?

小暮の詳細を今一度。

 

 

小暮洋史(こぐれひろし)
昭和44年7月31日生
特徴:身長170センチくらい やせ型 面長
当時の使用車両:群馬33も8670 ニッサンシルビア 黒色
一家3人殺人事件(指名手配)
捜査特別報奨金 上限額300万円

お心当りの方は、今すぐ110番又は最寄りの警察へご連絡下さい。

◆連絡先

群馬県高崎警察署捜査本部
フリーダイヤル    0120-547-590(ごよーなり こぐれ)
高崎警察署   027-328-0110

引用:群馬県警モバイルサイト

 

 

 

被害者のためにも早く見つかってほしい。