上祐史浩氏はなぜ逮捕されないのでしょうか?

麻原の死刑が執行された今、上祐史浩氏の

関与を疑われる新たな事件が発覚したと報道されています。

 

sponsored link

上祐史浩の現在

上祐史浩

上祐史浩といえば、オウム真理教のスポークスマンとしてマスメディアに度々登場。

「ああ言えば上祐」というフレーズでも知られていました。

 

 

<上祐史浩のプロフィール>

1962年12月17日生まれ
福岡県三潴郡城島町出身(久留米市)
ホーリーネーム:マイトレーヤ

経歴:
早稲田大学高等学院、早稲田大学理工学部卒業
1987年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程を修了

早稲田大学在学中、「オウム神仙の会」に入会する。

 

現在は、脱麻原派を謳う「ひかりの輪」の代表を務めています。

 

 

今回、2018年7月6日に、

松本智津夫を筆頭に、土谷正実、遠藤誠一、新実智光、井上嘉浩、中川智正、早川紀代秀の合計7名の死刑が執行されましたが、

その死刑執行を受けて、上祐氏は久々にテレビに出て会見を実施。

 

 

「麻原死刑囚に関しては、10年以上前にオウム、アレフを脱会しておりますので、今、特段のかつてのような思いはありません」

 

と語っていました。

 

現在の上祐さんの姿はこちら。

上祐史浩さん、老けたな。経歴。恋人を麻原に寝取られた過去

 

 

sponsored link

上祐史浩はなぜ逮捕されない?

あれだけオウムの代表者として、メディアに出ていた上祐氏。

ですが、獄中に入っているわけでもなく現在では普通に活動しているので、

なぜ逮捕されないのか?」という疑問が浮かぶ人も少なくないようです。

 

 

実は上祐さんも逮捕され、服役したことはあります。

 

 

1995年10月6日熊本県阿蘇郡波野村(現・阿蘇市波野)の土地取得をめぐる国土利用計画法違反事件で逮捕

10月28日に、偽証と有印私文書偽造、同行使の罪で起訴され、

懲役3年の実刑判決を受け、広島刑務所に収監されていました。

1999年12月29日、広島刑務所を出所。

 

 

オウムの死刑囚が関与した主な事件というと、以下のものがあります。

 

  • 1989年2月 田口修二さん殺害事件
  • 1989年11月 坂本弁護士一家殺害事件
  • 1994年1月 落田耕太郎さん殺害事件
  • 1994年6月 松本サリン事件
  • 1994年7月頃 富田俊男さん殺害事件
  • 1994年12月 浜口忠仁さんVX殺害事件
  • 1995年2~3月 仮谷清志さん監禁致死事件
  • 1995年3月 地下鉄サリン事件

 

 

上祐氏は、1992年からロシア支部に派遣されていたので、重要事件の現場や、教団周辺には不在でした。

1995年3月に地下鉄サリン事件発生後にロシアから帰国。

麻原から「広報活動をしてほしい」と電話で言われたから、ということでした。

本人談なので、内情はわかりませんが…

 

 

そのため、重い求刑は受けていないんですね。

 

sponsored link

上祐氏が関与を疑われる新たな事件が発覚!

これまで、殺人関連の事件には関与していないとされていた上祐氏。

しかし、これまで明らかになっていなかった、女性信者の死に関与していた可能性が報道されています。

 

 

この女性信者というのは、

吉田英子さん。

 

1963年生まれ

1988年入信

1989年出家

ホーリーネーム:タントラインドラーニ

出身:大阪市

引用:1995年当時の信者名簿。週刊新潮調べ

 

ホーリーネームがあるのでそこそこの地位だったのではないでしょうか。

上祐氏のドライバー、加藤智子はなかったようなので。

加藤智子(オウム)の現在は?沖縄在住?美人信者の画像。

 

 

オウムでは、富士山総本部で経理を担当。

 

 

金を横領したということで、麻原の部屋に呼び出されました。

その場には、麻原、新実、中川、村井、上祐、麻原側近の女性幹部らがいたといいます。

 

 

上祐氏の証言をもとにまとめると、

 

1991年の始め頃。

吉田さんにお金の件で、スパイの疑惑がかけられた。

彼女は第一サティアンの2階の部屋に呼び出された。

麻原は「白状しろ!」と恐ろしい形相で問い詰めた。

しかし、吉田さんは

「思い出せません」と言うばかり。

「なんで思い出せないんだろう」と段々泣き声になっていった。

何度か繰り返し、

麻原が「思い出せないんだったらポアするぞ」

と言った。

それでも、

「どうして思い出せないんだろう」

と言っていた。

麻原は、最後に

「私は嘘は吐かない男だよ」

と言って、新実や中川に彼女を取り押さえるように誘導。

 

彼女は抵抗もなくあおむけになった。

(中略)

中川が彼女の左腕に注射した。

彼女の心臓が止まったことを中川が確認。

麻原は、最後に「彼女は魔女だったと思う」と言ったという。

引用:週刊新潮

 

 

肝心な上祐氏は、この現場から女性幹部とともに3メートルほど離れたところで見ていたと主張しています。

 

その時の気持ちについては、

 

同じ部屋にいて犯行を目撃したが、身の危険が及ぶのではとの不安があった

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180711-00000007-jnn-soci

 

と語っていました。

 

 

この件は初めて明らかになった事件です。

この女性幹部というのも誰なのか?

もしかして、石井?

 

関連記事:

石井久子の現在は?オウム真理教の大蔵大臣を務めた女帝の今が衝撃的

 

まだまだ明らかにされるべき事件が多くありそうです。

 

池上彰VS上祐氏

8月26日、「池上彰 VS 6人の証言者」と言う番組に上祐氏が生出演していました。

池上彰さん、滝本太郎弁護士からのインタビューを受けていました。

 

 

オウムが世間を騒がせていた当時、テレビに出て、詭弁をふるっていた上祐氏。

池上さん「(麻原の)死刑執行されましたが、あの時の教えは間違っていたということですか?」

上祐氏「その通りです」

 

麻原を否定し、光の輪は、アレフとは違うということを強調していました。

 

 

そんな上祐氏に池上さんがするどく突っ込む場面もありました。

上祐氏のいる光の輪の部屋が映った時です。

 

部屋には広隆寺の弥勒菩薩の写真が。

池上さん「弥勒菩薩の写真がありますが、それはサンスクリット語で”マイトレーヤ”を意味します。マイトレーヤはあなたのホーリーネームですよね?本当に(麻原と)決別したんですか?」

※ホーリーネームは、麻原が、オウム真理教の教徒に与えた名前です。

 

上祐氏は、ホーリーネームによって麻原からきっかけを与えられたが、

支持はしていないということを語っていました。

 

 

更にこんな質問も。

 

池上さん「決別したなら、解散して、普通に働いて(賠償金を)返したほうがいいんじゃないんですか?」

上祐氏「長く現世の仕事から離れていたので、脱会してしまうと生活保護に頼ることになる教徒もいるので…」

 

 

池上さんの鋭いツッコミが続き、激しい攻防が見られました。

 

 

上祐氏はこれからも、メディアに出てくるでしょう。

麻原に近い位置にいた人物なので、もっと知っていることがあるはずです。

全てを話してもらいたいですね。

 

 

<関連記事>

石井久子の現在は?オウム真理教の大蔵大臣を務めた女帝の今が衝撃的

豊田亨の生い立ちは?両親や実家について。晩年の様子

上祐史浩はなぜ逮捕されない?関与を疑われる新たな事件が発覚!

都沢和子の現在は?入信のきっかけは恋人上祐氏だった。

都沢和子の画像!オウムの美人信者で上祐さんの元カノ&麻原の愛人

加藤智子の現在は?沖縄在住?元ホステスの美人信者で上祐の恋人?

オウムの後継団体って?ひかりの輪・アレフ・山田らの集団

松本智津夫(まつもとちづお)の遺体、遺骨は誰の手に?妻VS四女だけじゃない!三つ巴の奪い合い