アメリカのフィギュアスケーターのジョンコフリン。

2019年1月に亡くなった彼の虐待を告発する声が相次いでいます。

 

sponsored link

ジョンコフリンの写真と経歴

引用:https://www.huffpost.com/entry/ashley-wagner-sexual-abuse-claim-john-coughlin_n_5d42d87be4b0acb57fc83ca3

 

 

名前:ジョン・コフリン(John Coughlin)

生年月日:1985年12月1日-2019年1月18日没

出身:アメリカ合衆国

身長:190cm

 

 

ミズーリ州、カンザスシティで生まれる。

3代続く警察一家の家系。アンジェラという妹がいる。

母のステイシーは慢性疾患で2010年2月に亡くなった。

6歳からフィギュアスケートを始める。

 

引用:twitter

 

2004年後半から、ブリジット・ナミオカとチームを組み、2006年のjunior nationalで銀メダル獲得。

2007年7月にコンビを解消した。

 

 

コフリンに対して性的暴行などの告発があり、米国フィギュアスケート協会から出場停止処分を受けた翌日、2019年1月18日に首つり自殺した。

 

sponsored link

ジョン・コフリンに対する告発

 

ブリジット・ナオミカの告白

 

引用:https://www.mirror.co.uk/news/us-news/john-coughlin-claims-top-figure-16180919

 

2019年5月、ブリジット・ナミオカが2000年代中期に、コフリンに性的虐待を受けていたと告発。

ナミオカがコフリンとペアを組んでいた時、ナミオカは14~17歳で、コフリンは彼女よりも4歳年上だった。

 

 

当時のナオミカとコフリン。

 

引用:https://www.mirror.co.uk/news/us-news/john-coughlin-claims-top-figure-16180919

 

ナミオカは自身を含めて「少なくとも10人以上」コフリンの被害を受けた女性がいるとしている。

 

sponsored link

アシュリー・ワグナーの告白

引用:12up

 

アシュリーはソチオリンピックの元アメリカ代表、団体で銅メダル獲得、2016年の世界選手権では準優勝。

 

時は2008年6月に米コロラド州で行われた代表合宿。

当時17歳だったワーグナーがベッドで寝ていると、コフリンがベッドに入ってきて、体を触り、キスをしてきたという。

 

「襲われて涙がでてきた」

 

とワグナーは語っている。

 

まとめ

これからもっと告発者が出てくる可能性があります。

当の本人が亡くなっているので、検証はできませんが、決してうやむやにできない問題です。