オウム真理教の死刑囚、端本悟(はしもとさとる)。

2018年7月27日に死刑執行されました。

端本悟の母は?

彼女はオウムシスターズの次女だった。

 

sponsored link

端本悟(はしもとさとる)の生い立ち

画像引用:https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2018072600028_2

 

1967年3月23日生まれ

東京都調布市出身

ホーリーネーム:ガフヴァ・ラティーリヤ

 

東京都で新聞販売店を経営する両親の元に生まれる。

一人っ子であった。

 

 

東京都立狛江高校卒業後、一浪して早稲田大学法学部に入学。

大学では空手サークルに所属しており、3年生の時には部長を務めた。

 

 

端本悟がオウムに近づいたきっかけは、

1988年春頃、高校時代の親友が入信したから。

 

 

聖書やニーチェを読んでいた端本悟は、

「インチキにきまっている」と説得して、やめさせようとしたが、

麻原の本を読み、「とても実践的なことが書いてある」と興味を持つようになる。

 

 

まさにミイラ取りがミイラになり、

1988年の7月に入信。

1988年12月31日、出家した。

出家当時、端本悟は21歳。

早稲田大学を3年で中退した。

 

 

大学で空手サークルに入っていた腕を買われて、教団では警備班に配備された。

 

sponsored link

端本悟(はしもとさとる)の母は?

画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180726-00000047-jnn-soci

 

端本悟が出家すると言い出した時、新聞販売店を経営する両親は何度も反対したが、本人は

「真理に到達するためには親との世俗的な関係を超えなければならない」と振り切ったという。

 

 

母も何度も止めたが、

端本悟の決心の強さに、最後は「何かあったら逃げ出しなさい」と言い、見送った。

インタビューでは「あのとき引き留めておければ」と声を詰まらせた。

 

 

両親は息子の出家後、坂本弁護士の指導により結成された「オウム真理教被害者の会」に参加。

中心メンバーになり、息子を取り戻すべく活動していた。

 

 

端本悟の母は、死刑執行を受けて自宅で取材に応じ、

執行はニュースで知ったといい、「こういう結果になってとても悲しい」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000005-spnannex-soci

 

と語った。

 

sponsored link

端本悟(はしもとさとる)彼女はオウムシスターズの次女

大学では空手に打ち込み、極真空手の道場に通っていた端本悟。

無骨者で通っていたため、ガールフレンドはいなかった。

 

入信後、1989年2月末、発足したばかりの広島支部に行き、出版物の営業を担当。

この頃、「教団は性の破戒にきびしいのに、教祖の奥さんが次々に出産するのは、処女懐胎なのか?」と大真面目に考えていたという。

 

 

教団ではオウムシスターズの次女と恋仲になった。

オウムシスターズは、1990年の衆議院選挙にマスコットガールとして登場。

麻原の選挙カーに乗って、笑顔を振りまいていた。

 

 

オウムシスターズ
画像引用:https://twitter.com/oneandsame/status/882263318420795394

 

端本悟の恋人は、次女の紅巳子(右から二番目)。

 

オウムは性の破戒の制裁が厳しいことを知っていたのに、次女とおおっぴらにドライブに出かけて、ラブホテルに入ったりしている。

 

オウムシスターズの次女は、端本悟にある時、駆け落ちを持ちかけた。

「私たちも下向して、まともな結婚生活をしましょうよ」

 

こういった背景には、オウムシスターズの長女が、端本悟の空手の師匠であった富田隆と掛け持ちし、愛知県のパチンコ店に住みこんでいたからであった。

長女は麻原の愛人の一人だった。

この脱走の手引きをしたのが、端本だったのである。

 

しかし、端本は応じなかった。

「俺は逃げ出すような、卑怯な人間ではない。そんな武士道に反することをするくらいなら、いっそ警察につかまって、絞首刑に処されたほうがマシだ」

「なんで絞首刑になるの?」

「いや、もののたとえさ」

引用:佐木隆三「大義なきテロリスト」

 

と答えた。

坂本弁護士を殺害したことを踏まえての発言だったのだろう。

 

 

端本悟は、

1995年7月9日、埼玉県大宮市内のマンションで、オウムシスターズの次女とともに逮捕された。

次女が借りたこのマンションで同棲していたのだった。

 

こうして端本悟の逃亡生活は幕を閉じた。

 

 

端本悟は女にモテていた?

他にも、女関係のエピソードがある。

坂本弁護士を殺害に行く道中、新宿のデパートで変装用の服を買い求めた際、その売り場の女店員がとてもかわいい子だったという。

服を選んでくれるのをまかせていたら、

「これからデートに行くんでしょう」と聞かれた。

「違うんです」

といたら、「そんなはずはない。ウソばっかり」と本気にしてくれないので、

「あんたが付き合ってくれる?」

と言うと、

「レシートの電話番号に、閉店までにかけてね」と応じたという。

 

この辺のやり取りからも、女にモテる要素があったことがわかる。

 

 

この後、端本悟は他の5人が待つ駐車場へ戻らず、女店員とデートすることを考えた。

このまま横浜へ向かうと、殺人を犯さなければならないから。

しかし、麻原は、「他心通」があり、どんなに離れていても人の心を見通すと思っていた端本悟は、気を持ち直し、駐車場へ向かった。

 

 

歴史にたら、ればはないが、あの時女店員とデートしていれば、事件に手を染めることもなかったのだ。

 

 

端本悟はこの後、坂本弁護士一家殺害事件で、

弁護士に馬乗りになって殴打するなどしている…。

 

 

事件後、死体遺棄と証拠隠滅の旅から戻った端本悟は、憔悴しきっていたが、このとき麻原が抱きしめて「お前は前世でわしの息子だった」と語りかけたという。

それに感激した端本悟は、自分のしたことは殺人ではなく、ポアだと思いこむようになった。

 

 

端本悟も社会経験のないまま、オウムに取り込まれた一人であった。

 

 

高校の友人が入信しなければ、説得しようとしていなければ。

両親の言葉に耳を傾けていれば。

次女と駆け落ちしていれば。

女店員とデートしていれば…

何度も教団を出る機会はあったが、最後まで教団に残っていたのは事実であり、そこがこの求刑につながったのであろう。

 

 

《関連記事》

林泰男が小池姓になっているのは結婚したから?死刑執行日は?

松本智津夫の死刑執行、なぜ今?死体はどこに運ばれる?

上祐史浩はなぜ逮捕されない?関与を疑われる新たな事件が発覚!

石井久子の画像!美人信者と呼ばれた麻原の愛人。入信のきっかけは?

石井久子の子どもの現在は?流産を経て双子出産の過去

都沢和子の現在は?今は?入信のきっかけは恋人上祐氏だった。

都沢和子の画像!オウムの美人信者で上祐さんの元カノ&麻原の愛人

加藤智子の現在は?沖縄在住?元ホステスの美人信者で上祐の恋人?

オウムの後継団体って?ひかりの輪・アレフ・山田らの集団

松本智津夫(まつもとちづお)の遺体、遺骨は誰の手に?妻VS四女だけじゃない!三つ巴の奪い合い