日産自動車の前代表取締役、グレッグケリー氏。

これまでの経歴や学歴を振り返ってみました。

嫁さんが無実を訴えていますが、真相とは?

保釈金はいくらなのでしょうか?

 

sponsored link

グレッグケリーの経歴は?

画像引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181225/k10011759301000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 

名前:Greg Kelly

1956年7月生まれ

 

1978年6月、オーガスタナ大学で行政学学士を取得

1981年6月、ロヨラ大学法学部で法務博士号取得

 

 

グレッグケリーは、1981年6月からはバーンズ&サンバーグで法律事務所の弁護士として働いていました。

1988年3月から北米の日産に入社し、法務部のシニアマネージャー次席弁護士に。

 

そこからは人事部のダイレクター、シニアダイレクター、2008年には執行役員、2012年には代表取締役、常務執行役員と順調に出世していったようです。

 

 

sponsored link

グレッグケリーの嫁が無実を訴える

 

グレゴリーケリーさんの嫁、ドナさんは夫の無実を訴える動画を公開していました。

 

「日産の一部による国際的な策略の中で逮捕された」

 

動画の中では、このように主張していました。

社内の中でグレゴリーケリーを陥れた人がいる、という主張です。

 

 

また、グレゴリーケリーは脊髄に持病があるようで、夫の健康状態を心配しているとも語っていました。

 

sponsored link

グレッグケリーの保釈金はいくら?

 

東京地裁は2018年12月25日、グレゴリーケリー氏の保釈を認める決断を下しました。

保釈保証金は7千万円とされています。