イタリアのファッションブランド、GCDS(ジー・シー・ディー・エス)に3つの乳房のモデルが登場し、話題になっています。

アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF映画、「トータルリコール」のオマージュのようです。

 

sponsored link

GCDSのファッションショー

GDCSの2019年春夏コレクションがミラのファッションウィークで発表されました。

近未来感が溢れるコレクションが話題になっています。

 

「ポケモン」とコラボし、ピカチュウやプリンがプリントされた衣装を着たモデルが登場。

 

画像引用:https://www.gamesoul.it/2018/09/27/i-pokemon-conquistano-anche-la-milan-fashion-week/

 

 

斬新ですね。

 

 

sponsored link

GCDSに3つの乳房のモデルが登場!トータルリコールのオマージュ?

また、それ以外にもSF映画「トータルリコール」をイメージさせる作品が登場し話題になりました。

それがこちらの衣装です。

 

 

 

3つの胸があるモデル達!

びっくりですね。

 

 

これは、映画「トータルリコール」に登場するキャラクターのオマージュです。

 

アーノルドシュワルツェネッガー主演の1990年の映画「トータルリコール」に、3つの胸を持つ近未来の娼婦が登場するんです。

 

それがこちら。

画像引用:https://www.dailymail.co.uk/femail/

 

 

ちなみに、2012年にコリン・ファレル主演でリメイクされています。

リメイク版にも、3つの胸を持つ娼婦は登場しています。

 

他にも個性的なデザインの衣装がたくさんありました。

 

普段は中々着れなそうですが、見る分には楽しいですね。