滴滴(ディーディー)は、中国のスマホを使った配車サービス。

アプリを介し、一般人が自家用車で、有料で客を運ぶシステム。

便利な反面、女性が犯罪に巻き込まれる事件が起きている。

 

sponsored link

滴滴(ディーディー)とは?

中国の配車サービス。

いわゆる合法の白タク。

 

 

流れとしては、

利用者がアプリにアクセスし、目的地を入力。

近くにいる一般人が連絡をくれる。

そこで、合意にいたれば、自家用車でかけつけ、目的地まで運んでくれるという仕組みだ。

料金は距離と時間に応じ、算出され、タクシーよりも安い。

 

 

sponsored link

滴滴(ディーディー)で若い女性が殺される事件が発生

中国 浙江省温州で24日、スマートフォンを使った配車サービス「滴滴(ディーディー)」を利用した20歳の女性が殺害され、ドライバーの27歳の男が逮捕されました。

地元メディアなどによりますと、女性は車内から友人に「怖い、助けて」とメッセージを送り、これを受け取った友人が7回にわたってサービスの運営会社に連絡を入れたということですが、会社は警察に連絡しなかったということです。

このサービスは、アプリに登録した一般の人が自家用車を使って有料で客を運ぶもので、事件の前日にも別の女性客から、このドライバーの男が「何度も助手席に座らせようとした」とか「人けのない所に連れて行こうとした」などと苦情が寄せられていたということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180826/k10011594581000.html

 

 

女性の画像がこちら。

 

画像引用:http://app.weibo.com/t/feed/6vtZb0

 

画像引用:http://app.weibo.com/t/feed/6vtZb0

 

すごくかわいい子だったようだ…。

 

 

また、2018年の5月にも、乗客の女性がドライバーの男に殺される事件が起きていた。

中国では、ディーディーの危機管理能力の無さに対して、批判が起きている。

 

 

ディーディーの運転手が男だった場合、知らない男と一対一になるわけなので、危険極まりない。

若い女性は一人では使用しないほうがよいのではないかと思う。

誰でもディーディーのドライバーとして参加できるということで、どんな危険人物がいるかわからない。

 

 

日本でもこのようなサービスが出てくることはあるのであろうか?

あったとしても、

危険な目に合わないために、常日頃から知らない人と車中で2人きりになることに対して、

警戒心を持つことが重要だと思う。