金正男さんの事件実行犯のドアンティフオン被告。

この度、出所し、ベトナムに帰国した。

元々芸能活動を少ししていたらしく、着飾った写真がネット上に出回っていたが、実物との差があり、「ブサイク」という声があるようだ。

画像で検証してみた。

また、サングラスをかけてメディアの前に現れた様子が批判されている。

 

sponsored link

ドアンティフオンがブサイク?

ドアンティフオンは事件前、少し芸能活動をしていた。

アメリカンアイドルのベトナムバージョンのオーディションに参加したり、パーティーに参加したり。

facebookにもキメ顔の自撮り写真をたくさん載せていたようだ。

 

過去の行動から見て、人前に出て目立つことが大好きな性格だということがありありと伝わってくる。

 

ドアンティフオンのパリピ具合がわかる動画がこちらだ。

 

 

引きで撮っているのであまり顔がわからない。

 

画像で検証してみよう。

 

まずは、Facebookの自撮り写真から。

 

 

 

 

露出が高い服装で胸を強調している写真が多い。

 

もっと派手な恰好をした画像もあった。

 

 

 

よくわからないが、状況から察するに、ベトナムのバイクのイベントなどだろうか?

 

 

そして、捕まった後の画像がこちら。

 

 

マグショット。

 

 

 

 

釈放が決まった時の写真。

 

ノーメイクだという点を考慮しても、facebookの写真とはかなり違っている。

そして、ブサイクという声が出るのもわかる画像ばかりだ。

 

sponsored link

ドアンティフオンがサングラスした姿で登場!

ドアンティフオンはベトナムの実家に戻った際、大きなサングラスをしていたことが話題になっている。

 

動画がこちらだ。

 

 

 

メイクもばっちりで、メディアや野次馬に愛想を振りまいていた。

 

 

自宅に到着してから事件のことについて聞かれても、

「(Q.北朝鮮の事件への関与を知っていたか?)

ごめんなさい。その質問には答えられない。事件に関する質問はすべて拒否します」

「(Q.なぜ話さない?)このことは話したくない。ごめんなさい」

 

このように「話したくない」の一点張りであった。

 

sponsored link

ドアンティフオンは女優志望の野心家

ドアンティフオンは顔出しでインタビュー取材に応じた。

曲がりなりにも殺人犯で死刑かどうかの瀬戸際であったのに、早速インタビューに応じていて驚いた。

 

相変わらず事件については、何も語らず、

「事件のことすべてを謝りたい、ただそれだけ」

 

と回答していた。

 

本人は女優志望らしく、かなりの目立ちたがり屋であることから、今後もメディアに登場することが予想される。

今後、ドアンティフオンがどんな活動していくのか?

動向を追っていきたい。