カルロスゴーンの日本語がうまい!

すでに20年近く日産の社長を務めているカルロスゴーンさんは日本語を流ちょうに話すことができます。

 

sponsored link

カルロスゴーンのバックグラウンド

カルロスゴーン社長は、ブラジル人出身のレバノン人で、フランスで教育を受けます。

幼少期から世界各国に住んできたため、アラビア語、フランス語、英語、スペイン語、ポルトガル語を話すことができます。

 

1990年代、日産の業績が低迷していた中、やってきたカルロスゴーン社長。

1999年に日産に入社しました。

 

 

sponsored link

カルロスゴーンの日本語がうまい!

カルロスゴーンさんは、すでに20年近く日本で社長を務めているので、日本語は流ちょうに話せます。

 

動画がありました。

 

外国人なまりですが、言っていることははっきりわかります。

さすがだと思いました。