松本智津夫(まつもとちづお)の愛人は?

ダーキニーとは、オウム真理教の麻原の愛人である女性信者達の呼称。

麻原の愛人と呼ばれた女性信者をまとめました。

 

sponsored link

麻原の好みのタイプ

麻原の好みのタイプは、化粧っ気がなく、黒髪のロングヘアの美人。

 

 

とんねるずの生ダラに出演した際には、女優の秋吉久美子が好きだったと告白しています。

 

 

麻原の妻は松本知子。

黒髪で化粧っけがなく、麻原のタイプという感じがします。

松本知子とは予備校時代に出会っており、オウム真理教を開く以前から結婚していました。

 

 

しかし、妻がいるにも関わらず、

麻原は数多くの女性信者を周囲に侍らせ、愛人にしていました。

代表的なメンバーを紹介していきます。

 

sponsored link

麻原の愛人、石井久子

石井久子

オウムのナンバー2として君臨。

大蔵大臣として、組織の金庫番をしていた。

 

 

生年月日など、詳しいプロフィールはこちら。

石井久子の現在は?オウム真理教の大蔵大臣を務めた女帝の今が衝撃的

 

保険会社のOLをしていたが、同僚の飯田エリ子に誘われ、

1984年6月、23歳の時、オウム真理教の前身である「オウム神仙の会」に入会。

最初は週1回通うだけだったが、麻原を信頼するようになり、

スタッフとして教室の運営を手伝うようになる。

 

 

麻原の子である3人の女児を産んでいる。

(うち2人は双子)

 

 

関連記事:

石井久子の現在は?オウム真理教の大蔵大臣を務めた女帝の今が衝撃的

石井久子の子どもの現在は?流産を経て双子出産

 

sponsored link

麻原の愛人、都沢和子

都沢和子

都沢和子(みやこざわかずこ)は、

上祐氏の元彼女だったが、後に麻原の愛人になった。

地位は、西信徒庁長官であった。

 

 

昭和女子短期大学英文科に在学中、ESSに所属。

早稲田大学ESA所属の上祐氏と出会い、交際に至る。

 

 

住友化学でOLとして働いていたが、

上祐氏の後を追って、会社を辞めて出家。

麻原の愛人になる。

 

 

麻原のものになっていく都沢和子を、上祐氏は当初うらめしく思ったという。

しかし、試練だと捉えることで乗り越えたと言う。

 

 

逮捕~現在まではこちら。

都沢和子の現在は?今は?入信のきっかけは恋人上祐氏だった。

 

麻原だけでなく、他の男性信者とも肉体関係があり、

その男性が都沢和子よりも地位が下だったため、

問題になった。

 

それで、麻原が「ポアするしかない」といい、元恋人の上祐も「仕方ないですね」と肯定している。

しかし、石井久子と早川と岡崎一明が『教団に貢献している』と反対しポアは見送られた。

引用:大義なきテロリスト 佐木隆三

 

 

一度殺されかけていたんですね。

上祐さんも恋人だったのに、かばうこともしないとは。

菊池直子の供述からもわかりますが、オウムは性に関する厳しい戒律があるにも関わらず、

性が乱れていますね。

 

関連:都沢和子の画像!

 

麻原の愛人、飯田エリ子

保険会社に勤めるOLだったが、

OL時代から、麻原主催のヨーガ教室「鳳凰慶林館」に通いはじめた。

が、ブランド物を持ち、ディスコに通うなど充実したOLライフを送っていた飯田は、あまり修行に熱心ではなかった。

 

そのあと、麻原が宗教サークル「オウム神仙の会」を創設。

同僚の石井久子を誘い、石井は入信。

スタッフとして運営にも携わるようになる。

 

 

早川紀代秀の公判で、証言台に立った岡崎一明によると、

飯田エリ子も麻原と肉体関係があった時期があったという。

 

 

また、この岡崎一明とも関係があり、

戒律違反として、岡崎は独房修行を命じられている。

 

 

関連記事:

飯田エリ子の現在は?保険会社OLでお布施を集める才能は天下一品

 

 

麻原の愛人まとめ

他にももっといますが、代表的な人物をまとめました。

どの人物も愛人としてだけではなく、実務面でも組織に貢献していました。

特に初期に、オウムが信徒数を伸ばした背景には、女性信者の活躍がありました。

 

 

1985年10月号「ムー」に麻原の特集記事が掲載されました。

 

「今月のリポーター=オウムの会代表、麻原彰晃」

「私は驚異の空中飛行に成功した!」

 

麻原の空中浮揚の写真とともに、

石井久子がレオタード姿でヨーガのポーズをとった写真も載っていたそうです。

 

 

※以下の写真は飯田エリ子です。

画像引用:https://blog-imgs-53.fc2.com/a/x/o/axolotlfc2/

 

 

この頃の信徒数は、15人ほどで女性ばかり。

しかし、1986年10月には350人ほどになり、1987年4月には信徒数は600人に上昇。

オカルト雑誌への掲載がきっかけで、神秘主義などのオカルト好きな若者をひきつけました。

また、飯田エリ子や石井久子が妖艶なレオタード姿でポーズをとる写真も魅惑的で、男性をひきつけたようです。

 

 

勧誘にも若い女性が使われており、

麻原が女性を利用して、組織を拡大させていったことがわかります。

 

 

勧誘役の女性の服装をプロデュースしていた加藤智子についてはこちら。

加藤智子(オウム)の現在は?沖縄在住?美人信者の画像。

 

 

<関連記事>

石井久子の現在は?オウム真理教の大蔵大臣を務めた女帝の今が衝撃的

石井久子の画像!美人信者と呼ばれた麻原の愛人。入信のきっかけは?

上祐史浩さん、老けたな。経歴。恋人を麻原に寝取られた過去

オウムの後継団体って?ひかりの輪・アレフ・山田らの集団

久保木あゆみの生い立ちは?ブスで地味な存在?